天てれ論 第6回

 



どうも皆さんはじめまして。

今回から天てれ論を担当することになりました、ニコニコ生放送で生主をしている、

天てれ(M・仮・X)【テンテレマカリックス】です!

中学・高校・大学とあだ名が「天てれ」だった生粋の!?天てれ好きの22歳です!
皆さんよろしくお願いします。



さて、

今回は先日の3月27日に3年間の歴史に幕を下ろした『大!天才てれびくん』についての話題、

そして、

誰もが気になる卒業戦士について触れていきたいと思います。



まず、

出川哲朗特命P・鈴木あきえAP

3年間司会お疲れ様でした、終わってしまうと考えると少し寂しいです。


『天才てれびくんMAX』から『大!天才てれびくん』へのモデルチェンジは正直不安でしたね。

さらに、大!天のスタートが、
2011年3月11日に発生し甚大な被害をもたらした東日本大震災の影響により2週間ずれるという

日本中が不安に包まれる中でのスタート。

MAXからの残留戦士7名
大!天から新人戦士5名を迎え

計12名でスタートした大!天才てれびくん

大!天戦士は3年間で全22名

年間ドラマの『ドラマ 大天才テレビジョン』では3年間通して

戦士達が番組製作スタッフとしても扱われている描写がありましたね。

僕は、これをてれび戦士に憧れ芸能界の表舞台を志し、

夢破れ、裏方に回るのではなく、最初から裏方を目指す子供たちが少しでも増えるよう

裏方の大切さをリアルにかつステルスに伝えているものではなかったんじゃないでしょうか?


さぁ、次に《卒業予想》に移りますか・・・。

まぁ、僕の個人的な予想なんですがね・・・。(あたるといいなぁ~(*´∀`))

まず結論、誰が卒業すると予想しているかというと、(学年は2013年度で表記)


金子隼也   (中2)
長谷川ニイナ (中2)
島田太一 (中1)
山田陶子 (小6)

の4名ではないかと僕はふんでいます。

中2の2人はみなさんもお分かりかと思います。

さて、疑問なのが

太一と陶子ですよね。

それは来年度の戦士の配分を考察した結果こうなります

来年度の最年長は現中1ですよね?

現上、中1は・・・

太一、ソーズビー、真哉、結実、萌

の5人

このまま5TOPを張るという可能性も確かに捨てきれませんが・・・、


2010年、優奈、陸を補強してまでの4TOP(2-2)*補強2人でサブTOP
2011年、リニューアルのため大量削減しての2TOP(2-4)*中1でサブTOP
2012年、前年サブTOPがエスカレーター式での4TOP(4-2)*ニイナ、隼也補強でのサブTOP
2013年、またもや前年サブTOPエスカレーター式(2-5)*中1サブTOP


ここまでTOPは男女割合半々
『天才てれびくん』の全年度みても大概TOP男女比は50%:50%

さらに近代天てれにおいてもその傾向が強いそれを踏まえ考えると

男:女 3:2 の状況はならば男子から一人卒業戦士が出るであろう。

その結果、僕が選んだのは 島田太一 でした。


次に 山田陶子 ですが、

これもほぼ同様な考え方で 再来年度のTOPを考えた結果です。

リクエストがあれば細かく次回か次々回あたり掘り下げたいなと思います!!

ってそのころには もう

『Let's天才てれびくん』になってますねwww

この予想当たってるのかなぁ~?







2014年3月29日

天てれ(M・仮・X)


 

天てれ論 バックナンバー

 第1回
 第2回
 第3回
 第4回
 第5回
 第6回
 第7回
 第8回
 第9回
 第10回
 第11回
 第12回
 第13回
 第14回
 第15回

 

感想はこちらへどうぞ

web拍手 by FC2

Check

 

 

 

第5回 : 第7回



天てれリンクプラス トップ